キーワード検索の中よりトップページに表示されやすいものを特定


キーワード解析ツール イージー・ワーズ・アナリティクス“EWA”


📖最短でサイトをトップページ表示させるための7つの手順の解説

2「ピックアップしたキーワードを検索した時のサイト総数(検索件数)と
トップページに表示される10サイトのサイトタイトルを解析し、
ピックアップしたキーワードの中よりトップページに表示されやすいキーワードを特定


◎手順1でピックアップしたキーワードをヤフー検索した時に、
トップページにはライバルとなるサイト総数(検索件数)と
大体10サイトのタイトルが表示されるが、
そのサイト総数と10サイトの各タイトルの中に
検索したキーワードの全てが含まれている(allintitle)かを確認。

例:
検索したキーワードが「脱毛器 おすすめ」なら、
「脱毛器」と「おすすめ」がタイトルの中 に両方入っているかを確認。


公式サイトはこちらから
EWA・468.jpg

キーワード解析ツール イージー・ワーズ・アナリティクス“EWA”
公式サイトはこちらから


キーワード検索の中よりトップページに表示されやすいものを特定


戻る トップページ表示させたいキーワードと関連を収集
進む 

キーワード解析ツール EWA まとめ


トップページ表示させたいキーワードと関連を収集


キーワード解析ツール イージー・ワーズ・アナリティクス“EWA”


📖最短でサイトをトップページ表示させるための7つの手順の解説

1「トップページ表示させたいキーワードとその関連キーワードを複数収集

◎関連キーワードをピックアップする方法としては最低6つ挙げることが出来る。

1「ヤフーキーワードアドバイスツール

https://promotionalads.business.yahoo.co.jp/Advertiser/Tools/KeywordAdviceTool 
を利用

◎キーワード入力欄にトップページに表示させたいキーワードを入力すると、
その関連キーワードと共に1日当たりのインプレッション数(広告の表示回数)が表示。
それらを確認しながら適切に収集します。
インプレッション数と言うのは厳密には検索回数とは異なるが、
大体の検索数だと捉えられるので非常に利用価値がある。

ヤフーキーワードアドバイスツール.PNG


2「グーグルキーワードプランナー

https://adwords.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/
を利用

◎キーワード入力欄にトップページに表示させたいキーワードを入力すると、
その関連キーワードと共に月間平均検索ボリュームが表示される。

しかしこの表示の仕方が2つに分かれる。
Google AdWordsで広告を出稿している人にははっきりと「5,500」と実数が表示され、
広告を出稿していない人には「1,000~1万」といった一定の幅を持たせた表示。

これらの検索ボリュームを確認しながら適宜ピックアップ。

「1,000~1万」というキーワードでもトップページに表示されれば、
なかなかのアフェリエイト収益につながるので、
広告を出稿していない人でもグーグルキーワードプランナーは十分利用価値がある。

グーグルキーワードプランナー.PNG


3「関連キーワードツール goodkeyword

https://goodkeyword.net/
を利用

◎このサイトの検索窓にトップページ表示させたいキーワードを入力すると、
実際に検索されている関連キーワードが表示される。

又その関連キーワードをクリックすると検索ボリュームの変化も表示されるので、
その中より適切に選出。

goodkeyword.PNG


4「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

http://www.related-keywords.com/
を利用

◎サイトの検索窓にトップページ表示させたいキーワードを入力すると、
実際に検索されている関連キーワードが表示される。
その中より適切に選出。

関連キーワード取得ツール.PNG


5「KOUHO.jp

http://kouho.jp/keyword.php
を利用

◎サイトの検索窓にトップページ表示させたいキーワードを入力すると、
実際に検索されている関連キーワードが表示。
その中より適切に選出。

KOUHO.jp.PNG


6「ヤフー虫眼鏡

を利用

◎ヤフー検索窓にトップページ表示させたいキーワードを入力すると、
そのキーワードの関連キーワードがページの上下に表示される
(ヤフー虫眼鏡ワード)。
その中より適切に選出。

ヤフー虫眼鏡.PNG


公式サイトはこちらから
EWA・468.jpg

キーワード解析ツール イージー・ワーズ・アナリティクス“EWA”
公式サイトはこちらから


トップページ表示させたいキーワードと関連を収集


戻る サイトを最短でトップページ表示させる為の手法。具体的な手順
進む キーワード検索の中よりトップページに表示されやすいものを特定

キーワード解析ツール EWA まとめ


サイトを最短でトップページ表示させる為の手法。具体的な手順


キーワード解析ツール イージー・ワーズ・アナリティクス“EWA”


📖サイトを最短でトップページ表示させる為の手法。その具体的な手順

◎一部のトップアフィリエイターがこっそり行なっている
最短でサイトをトップページ表示させる為の手法?
その具体的な手順「7つの手順」を紹介


1「トップページ表示させたいキーワードとその関連キーワードを数多くピックアップ」

2「ピックアップしたキーワードで検索した時のサイト総数(検索件数)と
トップページに表示される10サイトのサイトタイトルを解析し、
ピックアップしたキーワードの中よりトップページに表示されやすいキーワードを特定」

3「特定したキーワードで検索した時に、
実際にトップページに表示されているサイトを解析し、共起語を抽出」

4「手順3より導かれた共起語を含んだコンテンツ(文章)を作成(ざっくり)」

5「手順4よりコンテンツを盛り込んだサイトのアップロード&インデックス作業」

6「特定したキーワードが複数ある場合は手順3~5の繰り返し。
ない場合は手順1~5の繰り返し(数多くのサイトのアップロード」

7「アップロードしたサイトの中より上位表示(大体30位以内)したサイトの手直しと
広告の挿入(アドワーズ広告かASP広告)&そのサイトに対してテキストリンク(被リンク)供給」


公式サイトはこちらから
EWA・468.jpg

キーワード解析ツール イージー・ワーズ・アナリティクス“EWA”
公式サイトはこちらから


サイトを最短でトップページ表示させる為の手法。具体的な手順


戻る キーワード解析ツール EWA!トップアフィリエイターの考え方
進む トップページ表示させたいキーワードと関連を収集

キーワード解析ツール EWA まとめ